こらから保育士になられる方へ!求人票を送る時期は2020年4月以降がお勧め!

最近、テレビやネットニュースなどで保育の無償化について取り上げられています。周りでも保育料の負担が大きいなどの話を聞くことがあったので家庭的にもありがたい話です。これからこの保育の無償化により保育の現場が大きく変化すると考えています。

そして、その変化のため保育士になられる方が求人票を送る時期は2020年4月以降がお勧めだと考えていますがその理由について説明します。

松戸で保育求人を探すときに知っておきたいポイント

保育の無償化について

令和元年10月1日から3~5歳児クラスの幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料が無償になります。ただし、幼稚園は月額25,700円まで、認可外保育施設は月額37,000円まで、幼稚園の預かり保育は月額11,300円までと一部制限があります。

また、市町村から保育の必要があると認定された3歳~5歳の子どもがいるご家庭、または住民税非課税世帯の0歳~2歳の子どもがいるご家庭が対象です。幼児教育、保育無償化を受けるために必要な手続きはお住まいの地域の自治体のホームページに手続きに関する情報が公開されています。

わからないことは直接電話するか自治体に相談しに行くことをお勧めします。

保育の無償化の目的とは

対象の子どもを持つご家庭ではありがたい話ですが、そもそも国は何故このような政策を立てたのでしょうか。基本的に国は税収をあげることを考えています。今回の保育の無償化でいうと支出だけで税収がすぐに見込めるようには思えません。

ということは、将来に対しての投資として行われた政策と考えられます。つまり、保育の無償化を行うことでお母さんに時間ができ働くことができます。また、家庭的にも支出が軽減されるだけでなくお母さんの収入がプラスされ余裕が生まれます。

これにより、子どもを作る気もでき少子化対策が改善され、うまくいけば将来的に大きな税収が見込めると考えられているのではないでしょうか。

保育の無償化は誰もが喜ぶ制度なのか?

今まで書いた内容を読めば保育の無償化は何て素晴らしい政策だと感じます。世の中の子育てをするご家庭や国にとってもメリットがあります。ということは、誰も損をしない完璧な政策です。しかし、本当にそうでしょうか?誰も本当に損をしないのでしょうか?私はそうとは考えられません。

それは、保育が無償化になれば確かに対象の子どもをもつご家庭の負担は軽減され入園数が増加するでしょう。しかし、それを全て受け入れるだけの保育園等の施設は充実しているのでしょうか。2018年10月にWELKSが300人の現役保育士や幼稚園教諭を対象に行ったアンケート結果では、67.1%が無償化に反対と答えています。

また、幼保無償化の不安要素は業務負担の増加が7割と答えています。これは、2019年10月の保育の無償化に対して幼稚園や保育園側は受け入れ体制ができていない、あるいは不十分であると言っているのではないでしょうか。

このような話は幼稚園や保育園だけではなく様々な企業でも同じようなことが起きている問題であるように思えます。つまり、現場の状況をしっかり把握していないのに上層部が政策や方針を決めてしまっているということです。

保育とは

ここで改めて保育とは何なのかを考えてみます。ウィキペディアには、「保育とは乳幼児を適切な環境のもとで健康、安全で安定感をもって活動できるように養護するとともに、その心身を健全に発達するように教育することである」と、書かれています。

また、「保育は基本的に、乳幼児(つまり乳児および幼児)を擁護し教育することであり、「養護」と「教育」が一体となった概念である。家庭で行われている育児(子育て)は、通常、子どもの命を守り、衣・食・住の世話をする「養護」の機能と、言葉や生活に必要なことを教える「教育」機能を併せ持つ。

これを保育と呼んでいる」とも、書かれてあります。保育と育児にほとんど差はないように感じますが、保育は保育士のようなプロが行うもので育児はプロではないお母さんが行うものとも考えられます。いずれにしても、大事なのは乳幼児を適切な環境のもとで健康、安全で安定感をもって活動できるように養護するとともに、その心身を健全に発達できるように教育することが保育であり育児です。

これが、保育の目的であり本質と捉えることができます。

これからの保育の現場はどうなる?

2019年10月からの保育の無償化により保育の現場は大きく変わるでしょう。幼稚園や保育園側が受け入れるのであれば預からなければならない乳幼児が増え管理の目が行き届かなくなってしまう危険性があります。

そうなると今までのような保育の質が維持できなくなってしまうということです。これでは保育の目的が果たせなくなってしまいます。各幼稚園や保育園等では体制について考えているでしょうが、それでも少子化で働き手が減少している今十分な保育士を確保することは難しいはずです。

また、保育の質を下げないために乳幼児の受け入れを制限するところもでてくるはずです。そうなると、幼稚園や保育園によって入りやすいが保育の質が低い、保育の質は良いが入りにくいといった差がでてくることになります。

確かに、保育の無償化になって家庭の経済状況が良くなり国としても財政が改善されるのかもわかりませんが、保育の目的が軽視されてしまっているようにも感じます。この課題が解決されるためにも、これからの世の中を生きていく子を持つ親としては一刻も早く十分な保育士の確保をどのように行っていくのか対策を立てて頂きだいです。

これから保育士になる方へ

保育士を目指している方、あるいは目指そうと考えている方は是非、保育の目的を大事にしてください。これから、各幼稚園や保育園で人気の格差がでることになります。保育の目的を大事にしている方が現場に疑問を抱き保育の質を大事にしている保育園へ転職するようなことも起きてきくるはずです。

大事な人事を確保するため各幼稚園や保育園は待遇を考え直すようになります。おそらく保育の無償化が始まってすぐではなく、ある程度時間がたった2020年4月以降だと予想しています。その頃になると各保育士の募集も人材確保をするため良い待遇や保育についての考えなど強みをアピールしてくるでしょう。

ですので、本当に自分が働きたい場所を選びやすく求人票も書きやすいのではないでしょうか。最後に、保育士という人の成長にとってとても影響力のある時期に触れるお仕事を敢えて選らばれるのですから、できれば自分なりの保育の目的を明確にして働く場所を選んで欲しいと思います。