無資格でも応募できる保育園の求人はあるのか

子供とのコミュニケーションを楽しみにできる仕事をしたいと考えたときに保育園は魅力的な候補でしょう。小さな子供たちと付き合いながら日々を過ごしていくのを夢見たものの、資格がないから無理だと思ってしまう人もいるかもしれません。

保育園では資格がないと働くことができないのでしょうか。その実態を確認しておきましょう。

こらから保育士になられる方へ!求人票を送る時期は2020年4月以降がお勧め!


保育士として働くには資格が必要

保育園で子供の世話や教育の中心的な役割を果たしているのは保育士です。保育士として保育園で仕事に従事するためには国家資格を取得しなければなりません。保育系の大学や短大、専門学校などで指定のカリキュラムを修了しなければ保育士として働くことはできないのです。

求人でも資格の保有を条件として挙げているので、無資格で応募しても書類選考で落とされてしまいます。もし保育園が保育士の資格がない人を雇って保育業務に携わらせてしまうと保育園も処罰を受けることになります。そのため、求人に応募する時点で履歴書や職務経歴書と合わせて免許状のコピーを用意させるなど、うっかり無資格の人を雇ってしまわないように十分に注意しているのが一般的です。

保育補助なら無資格でも大丈夫

保育園で働きたいと思ったら学校に通って資格を取らなければならないのかというと必ずしもそうではありません。実際には保育園では保育士以外にも子供の世話をするためのスタッフを募集していることが多いのです。一般的には保育補助と呼ばれる職種で、無資格で未経験であっても歓迎するといった求人が豊富にあります。

保育補助は主体的に保育の仕事をすることができず、保育士の指示に従って業務を行わなければならない職種として位置付けられているのが特徴です。保育士として認められるような知識や技術を持っていない人でも、保育士が責任を持って指示を出してその通りに仕事をするのは認められているのです。

保育補助の仕事は基本的には保育士が保育業務を行う上でのサポートになります。実際にどんな仕事をするかは現場によってかなり違いがあるので求人を選ぶときにも慎重に選ばなければなりません。一般的な傾向として保育士が大勢いる現場では保育士が仕事をするときの準備や片付けが主な業務になります。

例えば、朝の登園や夕方の降園で出迎えをしたり、電話対応をしたり、昼食やおやつの用意をしたりするのも保育補助がよく担う仕事です。また、保育士の人数が少ない場合には子供と一緒に遊んだり、散歩の引率をしたり、着替えの補助をしたりするのも仕事になります。

実質的には保育士と仕事に大きな違いがない現場も多いのです。

事務員についても資格は不要

資格なしで保育園で働く選択肢は保育補助だけではありません。

保育園の事務員についても求人募集がしばしばありますが、保育士の資格を持っていなくても問題ないのは明らかでしょう。子供との接点は少なく、保護者とのやりとりの方が多くなるのが特徴です。

基本的にはデスクワークをすることになるので保育に関わっていきたいけれど、実際に子供とコミュニケーションを取るのが不安な人や、体力的にデスクワークでないときついという人に向いているでしょう。なお、保育補助が事務員を兼ねている現場もあるので、保育補助の仕事を探しているときには事務というキーワードでも求人を探してみるのが賢明です。

この場合には、食事や備品の手配、窓口対応や電話対応などがメインの仕事になる場合が多くなっています。


求人の傾向を確認しておこう

無資格でも働ける保育補助の求人についてどんな内容のものが多いかを把握しておきましょう。求人の大半はパートやアルバイトになっていて、週に二日か三日から、一日三時間くらいからという形になっているのが一般的です。

派遣社員の募集も多いので派遣会社に就職して仕事を探すのも良い方法でしょう。正社員の募集はかなり少ないですが、都心などではしばしば募集されています。パートやアルバイトの場合には基本的にはシフト制になっていて、時間の融通を付けながら働けるのが魅力です。

ただし、保育園によって開園や閉園の時間が異なるので、早朝から働いたり、夜遅くまで働いたりすることもあるので気をつけましょう。基本的には保育補助の求人は経験を問われませんが、経験や年齢などを考慮して時給が決まる仕組みになっています。

今まで保育に関わる仕事をしてきた人や、保育士の資格は持っていないけれど保育系の学校に通っていたことがある人の場合には優遇を受けられるでしょう。昇給制度を取り入れている現場も多いので、長く働いていきたいと考えている人は比較検討しておくのが賢明です。

また、現場によっては資格取得の支援をしてくれることもあります。保育士になろうという気持ちを持っているなら考慮しておくべきポイントです。

応募のときの対策を知っておこう

保育補助の仕事をしてみたいと思ったら求人を選んで応募することになります。まずはどの求人に応募するかをよく考えるのが重要で、納得して働ける環境のある職場を探し出すように心がけましょう。子供の世話をして働いていきたいと思っていたのに事務的な仕事や保護者の対応ばかり任されてしまう現場に入ってしまっては後悔してしまうかもしれません。

逆に裏方としてサポートメインで働きたいのに、子供の着替えやオムツ替えなどを必死にやらなければならないとなると大変に感じられてしまうでしょう。現場の状況がどうなっているかを確認した上で応募するのが肝心なのです。

保育園によっては見学させてもらえることもあるので問い合わせてみると良いでしょう。給与や勤務時間、勤務日数などの各種条件についても考慮し、立地的にも通えるところだとわかったら応募することになります。無資格の人が採用してもらうために重要なのは意欲とポテンシャルがあるのを示すことです。

例えば、子育てをしてきた経験があるというのは強みになります。また、責任感があること、子供好きなこと、母親世代とのコミュニケーションが得意なことなども魅力として捉えてもらえるでしょう。保育現場で役に立つ資質を持っていることを伝えられるように準備しておくのが大切なのです。

それと保育園で働きたいという意欲を合わせて説明することができれば採用候補として挙げてもらえます。しっかりと用意をして選考に挑むようにしましょう。